手を合わせる

群馬で葬儀会社を選ぶ時は金額だけでなく総合的に判断する事が重要

群馬でできる自然葬とはどういったものなのか

お盆提灯

自然葬とは、火葬した遺骨を墓地に埋めるのではなく、海や山などの自然に還す葬儀の形です。現代社会では核家族化が進み、人と人とのつながりが以前より希薄になっていく中で、墓石を持たないという考え方をする人も増えてきました。また「終活」という自分の人生を考える中で、家族に負担をかけたくないといった理由などにより、選択肢の1つに入れられてきています。
代表的な自然葬の中でも代表的な葬儀の形を2つ、ご紹介します。
【1.海洋葬】
火葬した散骨を海に散骨する方法です。「母なる海に還る」ことに良いイメージを持つ人が多く、海に思い入れのある方には嬉しい葬儀の形かもしれません。
【2.樹木葬】
こちらは、散骨した場所に樹木を植える方法です。樹木ですので、墓地の手入れなどの必要はなく雨や太陽など自然を受け入れて管理していきます。
群馬県で自然葬を行う葬儀業者を検索すると、樹木葬が多くなります。なぜなら、当たり前のことなんですが、群馬県は海に面しておりません。散骨できる場所は海洋となりますので、どうしても交通費など経費が高くなります。
樹木葬を行っている業者は高崎市などを中心に群馬県内にも10件以上ありますので、ご自身に合う場所を探してみてください。
ただし、葬儀業者に依頼する前に、必ずご家族とお話を心がけましょう。

TOP